小田急相模原駅のうしお歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

TEL042-744-2882

〒252-0321 神奈川県相模原市南区相模台2-4-5

気軽に入れる相模原市の歯医者さん うしお歯科医院 日曜も診療してます

歯周病

MOBILE こちらのQRコードからご覧下さい。

歯周病の進行

歯周病はあまり痛みが無いまま進行する場合が多く、気になるときもあるけれど何日かすると治まるからと放っておくと手遅れで、歯が数本まとめて抜けてしまう事もある恐ろしい病気です。

歯周病は歯茎だけが腫れる歯肉炎から徐々に骨が溶かされていく歯周炎に進行します。
骨が溶かされていくと歯は支えが無くなり、グラグラと動き始めます。
一度溶かされた骨はほとんど元の状態に戻る事はありません。

よって歯周病は予防が大切になります。

  • 健康な状態

  • 歯周病

  • 重度歯周病

歯周病の症状

健康な歯茎
健康な歯間乳頭
(ピンクでシャープな三角形)
歯肉炎の症状イメージ
歯肉炎
歯肉炎にかかっている
(赤くまるい)

こんな症状が一つでもあればまず今の状態を知る為にも、歯科医に相談しましょう。

  • 歯を磨くと出血する

  • お口の中が臭く感じる

  • 歯茎が赤く腫れる

  • 歯が動く

歯石

歯周病の原因は歯と歯茎の境目にたまる歯垢です。
虫歯も原因は歯垢ですが、虫歯との違いは歯垢の中の細菌の種類です。
歯垢の中に虫歯菌が多いか歯周病菌が多いかによってどちらになりやすいのか決まります。

磨いているけれど、ちゃんと磨けていない?

正しいブラッシングでないと、歯垢が残ってしまいます。
また、汚れを落とそうと力まかせに磨くと歯茎を傷つけたり歯を削り取ってしまいます。
歯の表面が削られると冷たいものがしみたり、歯ブラシの毛先があたるだけでも痛みを感じる
“知覚過敏”の症状が現れることもあります。

PageTopへ戻る